l'Audiogramme 美しいオージオグラム(聴力図)を作成するページ

―マスキング可視化教材(MasqueVue)・聴力検査シミュレーションゲーム(SimuAudio)の2つのスピンオフソフトが加わりました―
―眼振図描画プログラム(Nystagmogramme)を最新版l'Audiogrammeの付録として加えました―



先行公開版 (Versions à Venir)
眼振図描画機能付きのオージオグラム描画ソフトウェア(l'Audiogramme avec Nystagmogramme)
下記リンクから起動してください


スマートフォン・タブレット用最新版 (Dernières Versions pour Appareils Mobiles)

iPhone, Android Phone用
l'Audiogramme Petit ver 2.1A
  • スマートフォン(iPhone, Android, etc.)のブラウザから利用可能
  • 必要な機能に絞ったスリムバージョン
  • PDF画像ダウンロード機能
  • PNG(簡易)画像表示機能
  • カラー・白黒切り替え機能
  • 身障4分法平均表示機能
  • 利用法はこちら


iPad用
iAudiogramme ver 1.0 *iOS7まで動作確認済(より新しいiOSでは動かない場合があります)
  • App Storeからインストール可能(無料
  • オージオグラム画像をカメラロールに保存
  • 日本語・英語切り替え機能
  • カラー・白黒切り替え機能
  • 身障4分法平均表示機能
  • データファイルはiTunesのファイル共有機能からパソコンに保存可能
    (パソコン版 l'Audiogramme で再利用できます)
  • 利用法はこちら


パーソナルコンピュータ用最新版 (Dernières Versions)

NEW! l'Audiogramme ver 10.6B 眼振図描画機能を追加・サーバサイドプログラムを改訂
            Adobe FlashPlayerが必須です:Flash使用不可の環境では、引き続き公開中の旧バージョン(ver 5.5)を御利用下さい

主な改良点(基本的な機能については前バージョンと同様ですので、下記ver 9.2の説明を御覧下さい
NEW! 複雑なオージオグラムの描画 独立ページとして分離
            l'Audiogrammeでセーブしたオージオデータやエクセルで作成したCSVファイル等を用います


l'Audiogramme ver 9.2 PNG出力を追加(重ね描き対応)・データ構造を改訂
            出力はPDFファイル(基本オージオグラムはJPEG・PNG出力も可)
            Adobe FlashPlayerが必須です:Flash使用不可の環境では、引き続き公開中の旧バージョン(ver 5.5)を御利用下さい
            *2015年10月現在で、Chrome等一部のブラウザでJPEG・PNG出力がブロックされる現象が発生しておりましたが、2016年1月現在で自然解消の模様です。
             トラブル継続の場合には他のブラウザを利用いただくか、PDFファイルからJPEG等に御変換ください。変換法はこちら
            *2015年9月頃より一部のダウンロード(PDFファイル・データファイル)にトラブルが発生しておりましたが、解決しました(サーバ側の問題)。

主な機能(以前からある基本的な機能については歴史を御覧下さい)
利用の手引き (Ver. 9)

@マーク(左右・気導骨導など)の選択

Aメニューによる閾値設定

Bクリックによる閾値設定
 「閾値入力⇒スケールアウト指定⇒消去」を反復

Cクリックによる周波数選択
 左右矢印キーも使用可能

Dオージオグラム内のポイントを直接クリックしてもOK

EPDF画像ダウンロード

FJPEG(簡易)画像ダウンロード
 デフォルトはカラー画像
 シフトキーを押しながらクリックで白黒画像(以下も同様)
 デザイン等の細かい設定は反映されません

GPNG(簡易)画像ダウンロード

HPNG("Marks Only")画像ダウンロード
 重ね描き用にマーク・線のみ描画
注意:高機能版(ver. 5以降)ではブラウザの「戻る」・「再読み込み(更新)」ボタンを使用しないで下さい
(画面が乱れます:現在の所ブラウザの仕様により対処不可能であり、最初からやり直す場合には「全データクリア」ボタンを使用して下さい)

Tips集(Q&A)・素材集: Ver. 5以降は様々な応用が利くように設計されています
                一歩進んだ利用を御希望の方は、是非お読み下さい
                耳鳴検査表示・いくつでも重ね描きをする方法等の解説もあります

SimuAudio ver 5.1B (Audiometry Simulator): 聴力検査マスキングシミュレーション(スピンオフソフトウェアその2


MasqueVue ver 6.0.1A (Masking Visualizer): 骨導・気導マスキング可視化教材(スピンオフソフトウェアその1



l'Audiogramme 進化の軌跡 (Versions Précédentes depuis 2008)


番外編

2009年聴覚医学会講習会資料   骨導マスキング検証ページ
(外耳道閉鎖効果を省略した簡易バージョンです。ver. 2のオージオデータが使用できます。)

2010年聴覚医学会講習会資料   骨導マスキング検証ページ2
(外耳道閉鎖効果を加えたバージョンです。ver. 4以降のオージオデータが使用できます。)

※骨導マスキングチェックはver. 6以降の標準付加機能となりました。

オージオグラム画像ファイル(PDF・EPSファイル)利用の手引き


御利用における注意(免責事項等)

  1. 本ソフトウェアは独立したサーバ上での稼働ではなく、レンタルサービスを利用(他社サーバの一部を賃貸使用)しているため、全体のサーバ利用が混み合った場合には「プログラムが不正」等の表示がなされて機能を停止する場合があり得ます。しばらく時間を置いてから再度アクセスして下さい。
  2. 本ソフトウェアは情報の受け渡しにテキストファイル(EPSファイル・オージオデータファイル・CSVファイル、またPDFファイルも実はテキストファイルです)を主に用いるなど、危険を最小限とする努力を行っております。しかしながら、本ソフトウェア(およびホームページ)を利用した結果生じたいかなる損害に対しても、制作者(Ken ITO)は一切の責任を負いません。御確認・御了承の上で御利用下さい。